「粉骨」とは何か、違法にはならないの?

粉骨とは、遺骨を細かく粉砕することをいいます。なぜ、粉骨する必要があるのか?それは、埋葬方法によるからです。

今までは一般的に、遺骨はお墓に納骨することが普通とされてきました。けれど近年では、さまざまな埋葬方法が選ばれるようになってきています。これは、少子化などのお墓問題が原因のひとつとされています。

では、どのような埋葬方法の場合、粉骨するのでしょうか。たとえばそれは、「散骨」「樹木葬」などです。神戸から家族で散骨するような埋葬方法は、よく知られています。なかには、「バルーン葬」「宇宙葬」など、散骨場所が山や海ではない埋葬方法もあります。

これらの埋葬方法の場合、遺骨を粉砕する必要があるということです。散骨という埋葬方法には、今のところ法律や条例などといった規定がないため、業者や個人で取り決めたルールで埋葬しています。

散骨という埋葬方法に、法律や条例といった規定はありません。しかし、遺骨を砕くということに関しては気をつけなければいけません。なぜなら、遺骨を破壊する行為は、「死体損壊罪」という犯罪に該当するからです。

けれど心配はいりません。散骨に関しては、その埋葬方法に必要な範囲であれば、違法にはなりません。ただし、自然環境への配慮、発見された際に死体遺棄として扱われないようにする、風評被害などについて考えることは大切です。そのために、遺骨をパウダー状に粉砕する「粉骨」が必要なのです。