意外と知らない家族葬の定義

昨今葬儀の一つの形として家族葬を選択する方が増えています。しかし家族葬の定義というものがわからないという方は意外と少なくないでしょう。

家族葬というのだから家族だけで行う葬儀だろうと普通は思うものですが、実は家族葬というものに明確な定義はないといわれています。そのため家族以外の人が参列しても問題はないといえるのです。
しかしそれでは一般葬と家族葬どちらを選んでも良いのかという話になってしまいますので、家族葬というのは家族や故人と親しかった友人など、少人数で執り行われる葬儀とするというのが一般的になりつつあります。

家族葬を望む際にはどこまで声をかけるかが重要となります。あの人には声がかかったのに自分にはかからなかったのはなぜだといわれてしまうことがあるため、親しい身内だけで行うなど、範囲を明確にしておくとトラブルを回避しやすくなります。

家族葬は故人とゆっくり挨拶ができるというメリットがあるため、故人の意向なども汲み取りつつ選択肢の一つとして検討してみるのがよいでしょう。