金銭面でも作業としても家族葬なら負担軽減

一生のうちには何度か大きなお金が必要なことがありますが、人生の最後を飾るお葬式も大きな出費となるひとつです。生前に自分の葬儀資金を全て準備することができれば、あとに残る遺族にも大きな負担をかけることにはなりません。ですが人の人生はいつまで続くのかもわからず、高い収入を誰もが得るわけではなく、考えていたより貯金ができないこともあります。遺族の経済的な負担を少しでも減らすためにも、家族葬を選ぶのは賢い選択です。

費用面以外にも家族葬にするメリットは数多くありますが、金銭面で負担が減るのは家族にとって助かります。従来通りの一般葬だとたくさんの参列者になりますし、香典を持参してくれるので返礼品の準備も必須です。加えて参列者たちに飲食の提供をするなど、その分の多くのお金と心配りをする必要があります。参列者が多く受け取る香典も多くなると、現金の管理も慎重になりますし、香典返しの手配なども完了まで大変です。作業としても費用面でも遺族には負担ですが、家族葬ならばその負担は大幅に減ります。