故人との時間をゆっくり過ごせる家族葬

亡くなられた方を見送るため儀式としてお葬式は昔から営まれてきました。お葬式には亡くなられた方の血縁者や生前に親交のあった方々が参列をすることになりますが、大勢の方が参列をされるお葬式の場合にはご遺族の方にはとても大きな負担がかかってしまうことになります。お葬式に参列した方々にお礼の言葉を述べたり、何かと気を使う場面が多いからです。
そのようなご遺族の方の負担を軽減できるお葬式のかたちとして最近では家族葬という形式のお葬式も登場しており、従来のようなお葬式ではなくあえて家族葬を選択されるご家庭も増えています。家族葬ならばお葬式に参列する人も家族やごく近しい間柄の親戚だけなので、ご遺族の方は余計な気を遣わずにゆっくりと亡くなられた方との最後の時間を過ごすことができるからです。
大勢の方々が参列をして賑やかに亡くなられた方を見送ってあげるお葬式もいいものですが、ごく限られた人のみで亡くなられた方との別れの時間を過ごしたいという場合には家族葬を選択されるのもいいのではないでしょうか。