最近増えつつある自然回帰の想いを遂げる樹木葬や散骨について

PR|見学可能な寝屋川の葬儀ホール

最近通い始めた岡山市の刺身について口コミを聞いた五反田の痩身の評判ですが、永代供養の納骨堂や永代供養墓に納骨されるケースが増え続けています。そんな中で、倉敷市の墓地も同様ですが、従来のお墓の様に維持・管理が大変ではなく、しかも自然回帰の強い想いから、樹木葬や散骨をされる方も増えています。川西市でハウスクリーニングを頼んだ友人がいうには、これは自然回帰の考え方から、本人が生前に散骨を希望されている場合や、花や海が大好きだった故人の意思を推し量り遺族が決断される場合が一般的だそうです。

まず樹木葬は永代供養の一種でお参りする目印として墓石ではなく、樹木を使う方法です。桜等の花の咲く樹木が利用され、その傍らに埋骨する方法です。この樹木葬にも、個別の樹木の側に、個別の遺骨を埋骨する方法と、大きな桜等の木の側に合祀する方法があります。一方で、海への散骨は、元々埋葬法では想定していなかった方法で、一時期は物議を醸しましたが、法務省がゴミ屋敷の掃除業者に節度ある海洋への散骨を認めるコメントを出して以来、法的には認められた方法となっています。

しかし、節度ある散骨が求められており、焼骨を適当な海の場所に投棄する事は、散骨とは言えません。焼骨を細かく粉砕し、海洋汚染にならないようにし、かつ漁業者の迷惑にならない海域に船を出し、そこで散骨する事が求められています。トラブルを起こさないように、焼骨を粉砕し、漁業者に迷惑の掛からない海域へ船を出し、そこで散骨の儀式を執り行えるようにアレンジしてくれる業者さんにお願いして散骨する事が節度ある方法と言えます。

散骨は上記の様な海洋への散骨が一般的ですが、遺族が故人を偲んで手を合せるのに、不都合だと言うデメリットもあり、東京などで海洋散骨をされる場合は、
栃木県でAGA治療を受けている遺族の手元供養のために少量の遺骨を残される事もあります。さらに、自然回帰の想いを果たす事が出来、かつ遺族が手を合せる目印を得られるように、無人島に散骨し、その無人島が見える丘等にお参りできる簡単な施設を設け、散骨された無人島に向かって合掌できる様にされた散骨方法を提供する業者さんも現れています。この様に、自然回帰の想いを遂げられる埋骨方法も多様化しており、故人の意思や遺族の想いで選択する事が可能となっています。

PR|工務店向け集客ノウハウ|ダイエットチャレンジ100日|英語上達の秘訣|会社経営に必要な知恵袋|美容と健康女性ランキング|エステサロンを上手に利用する情報サイト|生命保険の選び方|健康マニアによる無病ライフ|英会話ノウハウ勉強会|注文住宅のための用語集|新築一戸建てを建てる時に読むサイト|